• ICTライブフォンシステム
  • 施設内安心見守りシステム
  • よくある質問&VOICE

いつでも、どこでもリアルタイムにコミュニケーション!専用ソフトを使用する事により利用者さま、家族、施設、オーナー・管理者を結ぶライブフォンシステム。

いつでも、必要なときに、遠方の相手とiPadを通じて直接会話したり、
データや画像を双方向で確認し合うことができるシステム。
「ICTライブフォンシステム」は、体調が思わしくないときだけでなく、
普段の生活で、ちょっとした不安や疑問が生じたときなど
かんたんな操作で地域の医療機関やさまざまな施設、
さらにはご家族やお友達とコミュニケーションをとることができます。
日ごろの健康管理や豊かな生活環境の改善、
さらには心のケアの面からも大きな成果が期待できます。

専用サーバーだから、セキュリティーも万全です。

ICTライブフォンシステムは、一般的なインターネットテレビ電話とは異なり、専用サーバーでデータ管理をするクローズド・グループウエアのため、個人情報の取り扱いについても安心です。

画面タッチによる“簡単操作”

見る、聞く、知らせる、会話する、といった基本操作が、画面タッチで簡単操作。画面をタッチするだけなのでリモコンよりも感覚的で誰にでも気軽に操作できます。

ここが安心 ライブフォンシステム特徴(1)ICT遠隔面会室

テレビ電話としても使える便利なコミュニケーションツールです

ご家族側のインターネット接続環境にあるiPadやパソコンに、専用ソフトを用いれば、施設の利用者さまや、在宅高齢者さまの間で、テレビ電話として利用できます。忙しくてなかなか面会に来られない時でも、お互いの顔を見ながら会話できるので、心の通ったコミュニケーションを取っていただけます。また、施設関係者との相談や連絡などにも随時、気軽に利用していただけます。 (システム内通話料無料)

ここが安心 ライブフォンシステム特徴(2)施設オーナー・管理者・在宅介護事業所支援

施設や在宅の情報をリアルタイムに共有緊急時など迅速で的確な対応が可能です

夜間、利用者さまの急変時に、少ないスタッフで緊急対応するのは精神的にも大きな負担がかかります。ICTライブフォンシステムがあれば、いつでも必要なときに、オーナーや管理責任者にiPadを介して、音声と映像で現場の状況を連絡し、テレビ電話で支援を仰ぐこともできるため、迅速で的確な判断ができ、スタッフに心の余裕を与えます。

ここが安心 ライブフォンシステム特徴(3)遠隔からの健康相談

利用者さまやご家族も安心してお過ごしいただけます

協力医と施設を専用ソフトで連携することにより、主治医とフェース・ツー・フェースで健康相談の受付や、簡単な相談が可能になります。さらにオプションソフトを導入すると自宅から、バイタルの情報送信や、認知症診断を行うことができるため、定期診断にも役立ちます。また、介護記録や診断書、写真画像も同時にファイル転送ができるため、同じ資料を見ながらの健康相談も可能です。

ここが安心 ライブフォンシステム特徴(4)情報の共有化

iPadで通話しながら同時にデータを送信、3者間で共有することができます

法人グループ間や、地域介護事業所間でICTライブフォンを利用することにより、診断書やサービス提供表、利用実績の交換などがテレビ電話で通話しながら、簡単に送信することができます。一般的なデータ送信とは違い、専用回線ですので、個人情報は確実に保護され、誤送信も防ぎます。(3者間同時通話が可能)